外崎生才

Tono's Room 代表

外 崎 生 才

Futoshi Tonosaki

札幌出身

理学療法士・マスタートレーナー

北海道リハビリテーション大学校卒業

資格取得後は整形外科、代官山にあるスポーツクリニックに勤務し、
その経験を基にコンディショニングルームを開設


ごあいさつ

理学療法士としてクリニックに従事し、今までに五千人以上の患者さまを診てきました。

さらにトップアスリートのトレーナー帯同、ジュニアアスリートの育成にも関わってきました。

そんななかで考えていたのは「健康になりたい」その気持ちがいちばんの治療薬であるということ。

治すのは理学療法士ではなく、ご自身。私にできることは「気づき」を体感していただき、自己治癒力を引き出すことです。

ひとりひとりの身体の状態に合わせたマンツーマンでのパーソナルコンディショニング、

そして医療国家資格保有者として正しい知識、正確な技術を提供することをお約束いたします。


将来の健康のために・・・

情報あふれる現代。健康に関することもテレビや雑誌、インターネットでさまざまな情報が手に入ります。ただ、それらが必ずしも正しいとは言えません。有名な番組だから、信頼のおけそうな雑誌だから…と、鵜呑みにした知識に惑わされ、健康を失っている方がたくさんいらっしゃいます。

幸せの形は人それぞれ違いますが、健康の理想像はみんな同じ。

いくつになっても若々しく元気でいたい。いくつになっても自分の足で歩いていたい。いくつになっても趣味を楽しむ人生でありたい。

誰でもそう思います。もちろん誰にでも健康になる権利はあり、健康になるチャンスもあります。それなのに出会った健康法が自分に合わないものだったら元も子もありません。自分にとっての正しい健康法を教えてくれるプロ、指南してくれる専門家に出会うことが必須と言えるでしょう。

そして、将来の自分のために今の自分がしてあげられること。それは予防コンディショニング。まだ痛みが軽いから、まだ悪くなっていないから、そう思っている方が多いものですが、悪くなってからでは遅いのです。年を重ねることを誰も止められません。でも、先回りして筋力や身体機能の低下を防ぐことはできます。何歳になっても筋肉はつけられますし、いくつになっても機能は改善するのですから。

これからの時代、予防医学はワールドスタンダードになります。10年後、20年後の自分のために「健康」を求めてください。

また、現代社会で問題となるのは子供の発育です。和式文化から洋式文化になり、子供の発育に大きな変化が起きています。 姿勢不良、体力低下、落ち着きがない、など。これは発達運動障害であり社会問題としてもっと周知されるべき状況です。子供たちの50年後の健康を守れるのは、私たち大人しかいません。子供が安心して発達できる環境、子供が安全に運動できる環境、子供の不完全な発達にすぐに気づける環境…これからはそんな環境づくりが何より重要。

自分のためにも子供たちのためにも、私たちはもっと「将来の健康」を、切に求めることが大切なのです。


メディア出演

2014.9.19 放送 NHK「団塊スタイル」~5歳若返る!美しい姿勢と歩き方

2015.1.10発売 集英社「My Age」2015 Winter号 『女の若さは「股関節」がキーワード』


ご予約・お問い合わせ

Tono's Roomはプライベートな空間と時間を提供するため、ご予約制です。 Web予約(専用サイト)・お電話・お問い合わせフォームからどうぞ。

*留守番電話になっている場合は、お名前とお電話番号をお残しください。折り返しご連絡させていただきます。